キャンペーン マガジン

旬の食材 vo.2

ソウズの新潟の夏と言えば・・・

岩牡蠣』そして『枝豆

 

 
岩牡蠣

牡蠣には大きく分類すると真牡蠣と岩牡蠣があります。新潟の夏に食されるのは岩牡蠣です。

牡蠣にはタンパク質やカルシウム、亜鉛などミネラル類をはじめとする様々な栄養素がたくさん含まれるので「海のミルク」とも言われます。

アサリやハマグリなどと違い、岩に張り付いて一生を過ごします。そのため、波の当たり具合や環境によって、形が変化するので一つとして同じ形のものがないのです。

 

ソウズグループでは新潟の最北に位置する『山北(さんぽく)産 岩牡蠣』を提供。荒波にもまれて、身が大きく、味がとっても濃厚クリーミー★レモンをギュッと絞ってそのまま食べるのも◎殻ごと炭火焼きにするのも◎タジン蒸しなどで旨味をさらに凝縮して食べるのも◎お好みに合わせてどうぞ♪

暑い新潟の夏を元気に過ごすために、ぜひ岩牡蠣を食べて栄養補給をしてください^^v

 

枝豆

枝豆がメニューにのると夏だなぁと感じます。それくらい新潟 夏の風物詩な存在に枝豆はなっています。ちょっと調べてみましたところ新潟県は枝豆の消費量日本一でした!!!納得。

枝豆って完熟すると大豆になるってご存知でしたか?大豆は植物では唯一肉に匹敵するタンパク質を含んでいます。そのため「畑の肉」とも呼ばれます。未成熟なものを枝豆と呼びますが、大豆をたくさん食べるとなるとちょっと大変な感じですが、枝豆だと、お皿いっぱい食べれますよね!

新潟では6月から9月頃まで様々な種類の枝豆が食べられます。一つの品種で枝豆の旬は5日間ほど。なので様々な品種が育てられ、その時の旬の枝豆を召し上がっていただいています。品種ごとに名前がついているので、今日食べてる枝豆の名前は?とスタッフに聞いてみてください。

新潟の枝豆 代名詞 『黒埼茶豆』はお盆の頃が旬!

 

ソウズグループではご注文を頂いてから、茹でたて熱々を提供してます★

冷えた生ビールと熱々の枝豆。最高の相性ですね!どちらも止まらない・・・

 


2012.06.22